H邸リフォーム工事
夢に見た悠々自適の老後生活

しかし、終の住み家と購入した物件は
屋根からは雨漏り、蟻害により柱は折れ、隙間風が酷く震える生活と欠陥だらけ 
そんな建物を大改造すべくまた匠が立ち上がりました。
施工前

昔の貸家住宅の様な間取り
DKの洋室は西側の出窓のみの採光で暗く

小さく仕切られた各部屋は家族単位の生活を想定されたもので
一人暮らしには使い勝手が悪い状態

もっと明るく開放的な間取りにしたいとの要望でした。

また、当初 少し手を入れれば大丈夫と思っていたので
コスト的にも余裕のない状況でした。
まず匠は床をに注目しました。
床板を剥すとなんと湿気だらけ
このままでは、土台が腐ってしまいます。

すると
匠は床下にビニールを敷き込み始めました
そして、元の状態の様に
ビニールの上に砂を敷き込みました。

これで床下に湿気が上がるのを防ぐ事が出来、
カビや湿気がなくなりました。

また、
床にも断熱材を敷き込み 気密を確保する為、
機密テープで目張りします。
これで、
室内外の温度差で発生する結露を防ぐ事が出来ます。
 
床板も経年劣化で所々踏抜く恐れがありましたので、
既存の床板の上に新規の床を施工。(下貼:構造合板)

解体のコストを抑えると共に、建物の剛性を上げました。

続いて匠は
洋室と和室の間の柱を抜いてしまいました。

そして、
既存梁に新規にヒバ材を添えてボルトで締付けました。

すると、なんてことでしょう
狭く暗かったDKと和室が一体になって
明るく開放的な空間が生まれました。
それと併せて、
壁の施工に入ります。
壁を剥すと 
予想通り、昔の薄い断熱材
又、自重で下がって上部に空間が空いてます。

床の時と同じ様に既存の断熱材の上に新しく断熱材を貼り、
防湿フィルムで気密を確保しました。
さらに、内壁の下貼に構造用合板を梁耐震性も確保しています
こんなところにも匠の心使いが見て取れます。
また、各所 耐震性を上げる為
壁量のバランス等を考えながら
柱を新規に建て、構造用合板及び筋交等で補強します。
天井は梁下まで上げて天珠高を確保
断熱材、そして防湿フィルムで機密をとります。

既存の流し台はまだ新しいのでそのまま使用しました。
それでは匠によって、生まれ変わった
今回のリフォームの全貌をご覧ください
暗く狭かった洋室は南側の和室と一体となり広く明るいLDKに生まれ変わりました。
4.5帖の和室は寝室として、偶に来る来客からプライバシーを確保するため
建具で仕切らずに目隠しの飾り棚で対応しました。
6帖の和室は洋室になり、施主様の趣味室兼収納室として
又、施主の親御様、ご自身の車椅子生活を想定して
室内は全てバリアフリー仕様
洗面、トイレを纏めて広し、南テラスからでも車椅子で出入りがが出来る様スロープになってます。

ホールから玄関を見た所

木製の片開き戸から気密性の高い親子扉に交換し
防犯対処すると共に、車椅子でも出入りが出来ます。

照明器具は全て施主が用意した物を使用し、
出来るだけ既存の家具が再利用できる様に
スペースを確保してます。
洋室から和室を見た所

仕上は施主が自然の材料にこだわっており
壁は珪藻土塗り
床は杉板に柿渋を塗ってます。
天井は貝殻を粉末状にした物を塗布してます。
洗面所
壁は腰板に桐板を使用それに柿渋を塗ってます。
(施主様に塗って貰いました)
自分で塗れば塗ムラも味と感じ
達成感と併せて満足してました

洗面台は元は鏡台でしたが
施主に思い入れがあるそうなので
洗面台として使えるように造り変えました。
洗面台とトイレ
施主が一人で生活するので広く使うために
洗面所とトイレを一部屋にしています。
今回の大改造で不安だらけの建物が黄泉がえり
夢に見た老後の」趣味生活を送れる事でしょう。