七ヶ浜町 C邸 耐震補強リフォーム工事



日常生活に支障をきたすこの建物を大改造すべく
一人の匠が立ち上りました
今だかつてないこの難問に匠は
どう立ち向かっていくのでしょうか
まず匠は建物の各所に木材を打付け始めました。

そして、古い土壁を落とし始めたのです。

するとなんてことでしょう
建物を軽くする事で耐震性を高めたのです。

これは土壁で地震に対して抵抗していたので、
仮の筋交を設ける事により工事中の建物の倒壊を防ぐための物でした。
匠は次に腐った土台を取替えた後、
ビニールを敷き、鉄筋を並べ始めました。
通常の工事の手順とは逆の順番です。
するとどうでしょうか
コンクリートを打つ事で、
今まで束石に乗っていただけの構造から
強度の高い
べた基礎工法に姿を変えました。

さらに、
コンクリートと土台の間に
通気性のあるパッキンを挟む事で
床下の通気性を確保するのと、
コンクリートから立ち上る湿気で、
檜の土台が腐らないように配慮していたのです。
先ほどのビニールは地面からの湿気が上がって来ない様にと二重に湿気を遮断する為の物でした。

また、足場が良くなったので施工性が上がりコストダウンにもつながったのです。

これでもう土台が腐る事は無くなりました。
足回りが出来た頃、
筋交等の構造材や耐震金物を
取付始めました。
突然、匠はタイヤ交換等に使うジャッキを置くと
梁を持ち上げ始めました。

すると古い柱をハズシ始めました。
何と言う事でしょう

屋根構造はそのままに痛んだ柱や
間取り的に邪魔になっていた柱を
白木の化粧柱に取替始めました

匠は次に
基礎をする際に外した暖房ダクトを
また並べ始めました。

再利用できる物は使用しコストダウンに繋げる

匠の思いが伝わってきます
それでは匠によって、生まれ変わった

今回のリフォームの全貌をご覧ください
ビフォー アフター
隙間風の原因になっていた木製建具から気密性の高い複層ガラスサッシに交換し
今にも剥がれ落ちそうな板壁から少しモダンなサイディング貼りに変更し
和風デザインが好みの建て主様の要望を損なうことなく清潔感のある明るい外観になりました。
室内は古民家風で暗い印象だったので
新しく窓を設け明るい数寄屋風の和室に生まれ変わりました
居間も同じく暗いので窓を設けると共に
天井を勾配天井にし、既存の母屋を化粧にする事で明るく開放的な室内に変化しました。
縁側廊下も勾配天井に化粧垂木を設けました。
また、部分的に畳を敷く事で数寄屋風に仕上がっています
キッチンダイニングには
既存の囲炉裏を生かしつつも炉縁を外し
蓋をする事で座卓も置ける
多様性のある室内に生まれ変わりました
今までは、地震の度に怯えながら生活を送っていましたが、

今回の大改造により、大きく、その役割を変化させました。

これからは、明るく、暖かい室内で、

豊かな時を刻むことができるでしょう。