大崎市  D邸震災改修リフォーム工事

築50年以上の農家住宅
東日本大震災で建物が半壊認定されましたが、
最初は建て替えも検討されましたが
建物を残したいと言う施主様の思いで大規模リーフォームとなりました。

 

施工前 外観

瓦が半分以上落ちてます

又、壁の量が少なく
外壁にも
大分、亀裂が入りました

只、瓦が落ちたおかげで
建物の傾きは
軽微で済んだ様です。

施工前 内部

各室の天井が落ちて壁にも亀裂、
剥がれが見られます。

又、当時の土壁の上に石膏ボード等でリフォームしていたので
土壁が天井裏に落ちていたりしていました

梁材が落ちそうな所には6p位の角材で添えているだけの状態でした(右下)

建物の軽量化を図るため
瓦を撤去後、下地葺き替え
鉄板吹きに変更

また、同様に内部の壁土を全て撤去します。

建物の耐震診断に応じて、
耐力壁の増設、金物補強を行います。

外周部分には新たに
断熱材と気密処理で省エネルギー化を図りました。

 完 成
外観
屋根:ガルバニウム鋼板
壁:サイディング
開口部:新規部 気密断熱Low-Eガラスアルミサッシ
     既存部、インナーサッシ増設

内部
天井:一部張替
壁:石膏ボード エコクロス仕上
床:フローリング
   

水回り設備は全て新規取替

 
 屋根裏収納部屋:構造用合板仕上で耐力壁兼用