若林区 S邸耐震補強リフォーム工事
東日本大震災で建物の沈下、基礎の破壊で半壊指定を受け
修繕及び耐震改修を含めたリフォームをご依頼頂きました。
施工前
震災の影響で、
基礎が割れ、建物が西側に沈下しました。

内部は、浴室のタイルの割れが酷く、

和室等、各室の塗壁の割れは
当社にご依頼前、
他社業者に依頼したそうですが
他の復旧工事に忙殺されて手が回らない状態で
外壁等も含め工事途中の状態でした。
屋根工事
屋根瓦は数年前に全てボンド処理されていた為
破損等は無かったのですが
施主様の要望で鉄板葺きに変更しました。

只、一階の屋根瓦まで葺き替えるとなると
2階の壁を処理しないといけないので
コストを抑える為2階のみ葺き替えています。
2階の瓦の分 約6t位建物が軽くなりました。

又、前の建物の外観と同じ様に
棟を鉄板で立上げ、鬼鉄板を取り付けました。
基礎工事
既存床の解体後、建物のジャッキアップ

案の定基礎が破断してます。(赤○部分)
ベタ基礎施工後 新設床施工

耐震補強
基準法改正前の建物で、構造金物が一切無い状態の為
構造計算の後、追加で筋交い壁及び
小屋裏等から構造体に金物を施工しました。

又、制震ダンパーを設置し
耐震性を大幅に向上させてます。
2階の子供部屋のリフォーム
二間続きの和室を耐震壁で仕切り 洋室 2室に変更


途中で施工放棄された外壁
完  成
外部 屋根
和室 玄関及び縁側