青葉区 M邸

左の建物は

福島県川内村にある天山文庫

昭和41年村民が故草野心平に別荘として贈った物
お施主様が 詩人 故 草野心平氏のファンで自宅を造る時は草野先生の別荘の写しで造りたいとの要望があり 又、施主様自ら古材等を集めており 当社の企画立案もあり古材使用の住まいに仕上りました。

これはその写し。

故草野心平氏のファンである施主様が自ら古材を集め

当社が実施設計。



茅葺屋根を鉄板葺き

建具はアルミサッシで造り
現代風にアレンジしました。

内観

LD部分 

梁、桁は古材を元の白色にして民芸風にならない様にしました。

和室床の間

落し掛けに古材梁を使用

板戸も再生建具

和室天井梁

組子欄間は150年位前の手造り


左:玄関ホール

柱を白木にして民芸風を強調しないようにしました。

屋号看板は施主様が古材市場より求め我楽多庵と命名

右:ホール飾り棚

飾り棚は古民家の床の間地板

ケヤキ材を天板と建具に再生しました。