山形県 S邸既存部リフォーム工事
増築工事に先立って既存部分をリフォームしました。
施主様の要望として 1.冬あまりに寒いので断熱材を入れて欲しい。
          2.狭い間取りなので部屋を広く使いたい。
          3.建材に自然素材を使用して欲しい。    とのことでした。


解体作業


左は2階和室2部屋の間仕切と天井等を解体した所
 天井、壁等を解体してみると寒冷地域なのにほとんど断熱材が入っていませんでした。

よって寒冷地用の密度の高い断熱材を入れました。
 
それに伴い気密性を高めるためにボードを貼る前にビニールシートを貼ります。
 
これにより、夏の冷房した空気が外に漏れるのを、
冬の暖房した空気を漏れるのを防ぎます。
 
これで今まで各部屋に一つ必要だった暖房器具が各階に一つで十分になりました。

写真は2階和室を洋室に変えるにあたり床の断熱気密処理
完   成
施工後 施行前
2階和室二間を間仕切りを外し差し鴨居で梁を支えワンフロアーに改装
階段が急勾配なので手摺りを設け緩勾配に変更
一階廊下
一階和室を無垢材のフローリングにリフォーム