伝統的な在来工法(木造軸組工法)は日本の風土に合った工法です。

間取りの自由度が高く増改築も比較的容易に済むなど多くの長所を持ち合わせています。

しかし、その構造は土台、柱、梁、筋かいと軸組(線材)で成り立ち、地震の揺れには不安がありました。

近年、耐震性の確保のため建築基準法の改正、各種の耐震金物類が
強化、義務化され構造用合板などの面材を建築物の外周部等に貼り付けることにより
必要壁量を確保し枠組壁工法並みの耐震性を備えることが出来ました
出隅金物 横架材継手金物 筋交金物
横架材 羽子板金物 制辰補強金物 柱金物
柱金物
  • 補強後の耐震性の検証と補強工事のコストのバランスを考え、最良の補強計画を提案します。
    建築基準法に準拠した補強計画に基づき補強工事を行います。お住まいの現状やコスト、補強後の耐震性など十分お打合せの上、補強方法を決定いたします。
  • また、・住宅性能表示の耐震等級で、最高等級に対応可能です
    ・地震に対し安心して暮らすことができ、地震の被害を最小限に抑え家族の安全を守ります。

制震工法とは

制震とは、壁内部に制震ダンパー(地震の揺れる力を吸収する装置)を組み込み、横の力を弱くする働きをする工法。

リフォームで生まれた耐震金物が新築工事にも活用することが出来ました。

新基準法改正で厳しい基準で安全な家造りになっています。

今の基準の構造は耐震構造です。

ゆれない建物にしています。

●耐震工法とは

耐震とは、柱や梁、壁(躯体部分)に耐力壁や補強金物などを使って、地震などで建物が揺れても、十分に耐えられるようにする工法。

伝統工法の在来軸組工法、木造住宅の安全性を高めるためにそして、昭和56年以前の建物でも安全に『強い家』にすることが可能にします。

皆様がお住まいの家が家族の生活環境にそぐわない『使い難い』『光熱費が高い』『狭い部屋で落ち着かない』など不安と不満が解消できない。ちょっとした工夫で『使い易さ』『快適性』を向上できる家にします。

皆様の家が地震で倒壊してしまわないために耐震診断を行って下さい。そして諦めないで下さい

免震工法とは

地震の揺れを直接建物に伝えないよう、基礎と土台の間に、特殊な免震装置を付ける事によって、地震の時地面の揺れを建物に伝わりにくくする工法。

免震装置の仕組みは、『積層ゴム』と『ダンパー』を組み合わせたものが多いようです。

デメリットはコストが高く、建物と基礎の間に設置するため、新築以外(既存住宅)の設置はできません。


外張断熱工法
内断熱工法
ウレタン充填断熱工法
高気密・高断熱の住宅は、いわば「魔法ビン」のような構造をした
住宅です。 つまり、厚い断熱材ですっぽりと包み込まれることで、
室内の温度が外気温によって侵されにくくなっている住宅なのです。
この高気密・高断熱の住宅を、一定性能を
保ちながら合理的に迅速につくり上げるために、高性能の断熱材と
気密ビニールにより高い気密性、断熱性能を確保します。


従来の断熱工法は熱を断つ工法では無く、断熱材に熱を蓄える事で熱の伝達を抑える工法なのです。
よって、許容量を超えると内外部に熱を放出してしまいます
断熱材工法は、熱伝導防止という原理で、放射熱線熱の5%のみを防いでいるのです
それに対して遮熱工法とは、熱輻射を「カット」する原理で、放射熱線の75%を反射しカットします
宇宙服等に採用されているアルミと空気層を使った遮熱理論を住環境理論に利用した工法です。 遮熱材は、これら表面を照射する放射エネルギーの97%を反射します。
この遮熱材を使った工法は、これまでの断熱工法と違い、簡単に言えば、熱を反射させてしまう工法です。熱を蓄えることをしないため、外からの熱は外に跳ね返し、内部の熱は外に逃がしません。これにより、夏は少しのエアコンで涼しく、冬は少しの暖房で暖かさを感じるのです。夏の暑さも冬の寒さも快適空間を求め、24時間働き続けます。遮熱工法は、エアコンを必要としない建物にもっとも近づいた工法です
ただし、遮熱と断熱は熱を制御する手法の違いのため、全く同じ土俵では比較出来ません。
 それぞれ熱伝導と熱輻射が物差しとなっていますが、前者と後者をつなぐ、共通の物差しがありません
当社ではそれぞれの長所を併用し施工します



 建物をいくら強固にしても、基礎が割れていたり、弱くなっていては、何
 にも成りません。又、広範囲に渡る修復には
エポキシ樹脂の注入などの簡単な補修では役に立ち
 ませんし、従来の
打ち増し基礎は、莫大な費用が掛かる上に、重機の騒音
 及び工期が長く外観上も悪くなる等の問題点もあります。

 特徴と効果:  @高強度(割れた無筋基礎が、鉄筋入り基礎に近い強度になる)
         A高耐久性(特に塩害に強く腐食しない)
         Bせん断強度や靭性能及び耐震性が上がる。
         C工期が大幅に短縮できる為、安価である。
         D重機を使用しない為、騒音が少ない。
         E打ち増し基礎に対して、強度的にも美観的にも優れている。  
         Fひび割れのある布基礎に補強すると、耐震診断の評点が上がる。

■基礎に鉄筋の入っていない住宅
 ARS(アンカーロープ補強)工法は基本的には、基礎に鉄筋の入っている住宅の補強においてその効果を発揮する耐震補強工法です。槻ね、1973年(昭和48年)以前の住宅はまず鉄筋が入っていないと考えるべきです。基礎に鉄筋が入っていない場合、あるいは基礎に鉄筋が入っているかどうかが良くわからない場合御相談下さい。