若林区 T邸新築工事
東日本大震災で建物の損傷が激しく、建物の解体をご決断され、
夫婦二人の生活なので数寄屋風の平屋での新築をご依頼されました。
施工前
瓦葺きの木造二階建て
隣に鉄骨造の車庫が建ってます。
解体後 地盤調査を行なった結果 地盤の耐力が少なかったので、杭工事を行った後、ベタ基礎で施工してます。
金物及び構造部分
平屋なので建築基準法rベルで十分ですが
更に制震ダンパーも各所に取り付けてます。


外壁はモルタル塗りで通気工法。

ヒビ割れ防止に
ガラス繊維シートを塗りこんで塗装しています。
完  成
外観
玄関ホール 玄関
リビング
和室