住まいのことなら何でもご相談ください。

新築のキッチンで失敗しないためのポイントをご紹介します!

新築のキッチンづくりには失敗したくないですよね。
特に、毎日料理に励まれる奥様は、生活に直結するためこだわりたい箇所なのではないでしょうか。
そこで今回は、新築のキッチンで失敗しないためのポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

□新築のキッチンでよくある失敗例をご紹介!

ここからは、新築のキッチンでよくある失敗例を2つご紹介します。
1つ目が、無駄なスペースが出来てしまった例です。
「冷蔵庫とキッチンの背面収納の間に微妙な隙間が空いてしまった」というような失敗は意外と多いです。
このような事態を防ぐために、設計の段階でどのくらいの大きさの家電を導入するかもしっかりと検討しておきましょう。

2つ目が、収納スペースが足りないという例です。
キッチンは家の中でも非常にモノが多い場所なので、収納は重要な課題となります。
システムキッチンの背面収納やカップボードなどを導入するケースが多いと思いますが、それでも収納スペースが足りなかったという例は多いです。
調味料や保存食品が多いご家庭は、キッチンのパントリーを検討するのも良いかもしれません。

□新築のキッチンで失敗しないためのポイントをご紹介!

ここからは、新築のキッチンで失敗しないための重要なポイントを主に2つご紹介します。
1つ目が、キッチンスペースをなるべく広くとることです。
他の部屋とのスペースの兼ね合いがありますが、キッチンスペースは家電を置いてもスムーズに移動できるくらい余裕をもって確保するのがおすすめです。
キッチンでは食材を切ったり洗った食材や食器を置いたりと、スペースの広さによって作業のしやすさが大きく変わってきます。

2つ目が、収納を十分に確保することです。
先ほどもご紹介しましたが、キッチンにおいて収納は非常に重要なポイントです。
適切な収納を設けるために、まずは収納したいものを書き出してみましょう。
何をどれだけキッチンに収納するかで必要となる収納の場所や大きさが大きく変わってきます。

収納物を書き出せたたら、キッチンを設計する段階で、家電の配置や収納場所もしっかりと決めておきましょう。
吊戸棚やパントリーなど、ご自身に合った使いやすい収納を選びましょう。
毎日のキッチンでの作業が格段に快適になるはずです。

□まとめ

今回は、新築のキッチンにこだわりたいという方に向けて、新築のキッチンでよくある失敗例についてご紹介しました。
また、新築のキッチンで失敗しないためのポイントについてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

ABOUT US

佐藤和容専務取締役
大きく移り変わる日本人のライフスタイルの中で住環境も例に漏れず変化してきました。目を引く奇抜な外観の家や様々な材質。こと住まいに関しては多種多様というのが現状です。しかし、日本の気候風土、日本人の感性を考えた場合日本人に合うのは住むほどに落ち着きとゆとりを感じさせる木造住宅なのではないでしょうか。派手さもなく、目新しさもなく、あくまで簡素でその空間に自然に溶け込める何気ない安らぎを感じることができるのが本当の家と考えています。気仙沼工務店はこれからも伝統を受け継ぎながら現代のセンスも取り入れたくつろぎと安らぎを覚える家を追求していきたいと思っています。