住まいのことなら何でもご相談ください。

高気密高断熱って必要?

工務くん
ねえねえ、お兄さん
自称:おにいさん(専務)
なんだい、工務くん
工務くん
良く高気密高断熱住宅って聞くけど、何なの?

ザックリ説明

高気密高断熱住宅とは、天井や壁、床など家と外気に面する所に断熱材等を使い断熱性や気密性を高めた家のことをいいます。

専務
要は魔法瓶みたいな感じ。

断熱材で、外と家の中の熱を遮断して、

更に 家のすき間をなくすことで、家と外の空気を遮断します。

この両方が、国が定める基準を満たして「高気密高断熱住宅」と呼びます。

冬あたたかく、夏涼しい家になる。今では当たり前ですが、30年前位はその逆でした。

高気密高断熱の住宅は、冷暖房で人が暮らすうえで快適な室温にした空気を外気に逃がしにくく、

また、外の暑さや寒さの影響を受けにくくなっています。

そのため、冬はあたたかく、夏は涼しい家になるのです。

メリット

・光熱費(冷暖房)が節約できる省エネ

・断熱材による防音効果があり、外部の音が聞こえにくくなります。

・各部屋の温度差が少ないので、
急激な温度変化による心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまうヒートショック等の事故防止

・室内環境が良くなり、カビ等が発生しないのでアレルギー疾患が減る

・冬暖かく、夏涼しい快適な家になる

デメリット

・気密されているので石油ストーブ等が使いづらい(換気が必要)

・室内の熱が下がりにくいので、夏は開口部からの日射対策が必要になる場合もある

・若干ですが、室内の音が反響する

・コストが上がる

デメリットもありますが、高気密高断熱は住宅では当たり前になってます。

せっかくの住まいを建てるのに、住みづらかったら意味がありません。

数値だけ攻めても 暑がり、寒がり人によって感覚が違うので難しい所もありますが、

当社では、UA値0.75以下(宮城県4地域区分:希望があれば1地域でも対応可能)

気密測定も行い数値化して報告します。

 

ABOUT US

佐藤和容
専務取締役
大きく移り変わる日本人のライフスタイルの中で住環境も例に漏れず変化してきました。目を引く奇抜な外観の家や様々な材質。こと住まいに関しては多種多様というのが現状です。しかし、日本の気候風土、日本人の感性を考えた場合日本人に合うのは住むほどに落ち着きとゆとりを感じさせる木造住宅なのではないでしょうか。派手さもなく、目新しさもなく、あくまで簡素でその空間に自然に溶け込める何気ない安らぎを感じることができるのが本当の家と考えています。気仙沼工務店はこれからも伝統を受け継ぎながら現代のセンスも取り入れたくつろぎと安らぎを覚える家を追求していきたいと思っています。