住まいのことなら何でもご相談ください。

中古住宅も一つの手?

工務くん
ねえねえ、お兄さん
専務
なんだい、工務くん
工務くん
リフォームとリノベーションって何が違うの?
専務
リノベーションとリフォームって違いが判りづらいよね

でも、明確な線引きはないよ

工務くん
そうなの!?
専務
規模とかイメージでみんな分けてる感じ

 

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことをいいます。

基本的に壊れたり、汚れたり、老朽化したりしている部分を直す。

時間の経過で汚れ、古びた部分を新築の状態に近づけるための改修です

専務
ベコベコしてきた床の張替えとか、クロスの張替え設備の交換とか

比較的小規模な感じかな

メリット

・住み慣れた家のイメージを変えずにできる

・工事期間が短く予算も規模によりますが比較的安い

・工事中に仮住まいを借りる必要がない(工事中の騒音等はありますが生活できます。)

デメリット

・間取りの変更などの大掛かりなデザインの変更ができない

家の基礎部分や内部構造自体を強化するという工事をリフォームという範囲でやってしまうと

劇的な変化は見られないのに、費用は高くついてしまうといったような感覚になりうる

専務
リフォームが原状復帰って事ならデメリットってあんまり無いかな

 

「リノベーション」とは、住まいの性能を現状よりも向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。

リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための現状回復という意味合いに対して、

リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを表しています。

既存をどのように改修するかではなく、一度リセットして、

住む人の暮らしやすさに合わせて機能を刷新し、価値を向上するのがリノベーションです。

メリット

・物件の選択肢が豊富

・自分のライフスタイルに合わせた、こだわりの空間が自由に設計できる

・子育て環境に合わせた設計や、収納・家事動線・遊び空間にこだわれる

・注文住宅のような感覚で、オリジナルの住まいが手に入る

・新築物件の供給減や価格高騰の中、新築するより格段に安い

・新築に比べて中古の供給数多いため、物件選びの選択肢が豊富

・購入価格が抑えられるので、予算を工事費や設備導入にまわせる

・新設備の投入で、資産価値を上げて将来的に売却することも可能

・新築物件は購入後すぐに価格が下がるが、中古は下落リスクが少ない

デメリット

・工事が終わるまで住めないため、仮住まいがいる

・築年数が古い建物等は、耐震性やシロアリなど改修に費用が掛かる

・断熱性や防音性などの生活の基本部分で、構造上改善できない若しくは費用が掛かる

・設備を追加しているうちに、見積価格よりも予算を大きく超える場合がある

・住宅ローンの借入額に制限がある

・ローンの金利が高くなりやすい

新築を検討中の方だと、当然土地探しから始まりますが、

希望が重なると予算オーバーや物件が見つからない等あると思います。

中古物件と言うと抵抗がある方も居りますが、

基本構造部分(骨組み)がついた土地と思えばお得と言う考え方もあると思います

当社では、リフォーム、リノベーション共に多数実績があり

お施主様にとても喜んで貰っております。

施工例 O邸:青葉区の築60年のリノベーション

施工例 S2邸:七ヶ浜町の築80年のリノベーション

補助金等含め提案いたしております。

ABOUT US

佐藤和容
専務取締役
大きく移り変わる日本人のライフスタイルの中で住環境も例に漏れず変化してきました。目を引く奇抜な外観の家や様々な材質。こと住まいに関しては多種多様というのが現状です。しかし、日本の気候風土、日本人の感性を考えた場合日本人に合うのは住むほどに落ち着きとゆとりを感じさせる木造住宅なのではないでしょうか。派手さもなく、目新しさもなく、あくまで簡素でその空間に自然に溶け込める何気ない安らぎを感じることができるのが本当の家と考えています。気仙沼工務店はこれからも伝統を受け継ぎながら現代のセンスも取り入れたくつろぎと安らぎを覚える家を追求していきたいと思っています。