住まいのことなら何でもご相談ください。

平屋vs2階建て FINAL ROUND

 

工務くん
ねえねえ、お兄さん
専務
なんだい 工務くん
工務くん
前回から数か月たったけど、お金でお得なのは二階建てって言ってたけどその他は?
専務
そうだね、忙しくてROUND1なんてタイトルふってたけど忘れてたよ

 

・健康面

自宅での事故、例えば階段で足を外すことで骨折して入院する方は、高齢者の方では多いです。

子供が乳幼児の世帯であれば平屋の方が階段からの転落が無く安全です。

逆に毎日 階段を上がり降りする事で足腰が鍛えられる考え方もあります。

 

・耐震性

平屋は基礎の面積が広くなることと、2階部分を支える必要がないので構造的に強く、地震に強いといえます。

 

・日当たり(採光)

都市部等の住宅が密集している地域では、2階建てでも日当たりの確保が難しいので、平屋だと更に難しくなってしまいます。

採光を確保するのが大変になりますがプランや天窓等で解決する事は可能です。

 

・移動

二階建てだと外に干した洗濯ものを二階のクローゼットまで運ばねばならなかったり、

一般的にお風呂と寝室が上下に離れていて階段での移動が疲れる等

高齢者の方にとって毎日の上下(階段)の移動は大変ですし、

必要が無ければ そのうち二階に上がる事がなくなります。

 

・避難、防犯

後、可能性は低いですが水害が発生した場合、二階が有ればに上に逃げる事ができます。

また、低層階に窓があると、プライバシーの確保や防犯対策がよりしっかり必要になります。

 

お金以外の所は平屋の方の方がお得に感じます。

が、どちらが正解なんて事はなく、前回に書いた通り

予算や希望、条件等のバランスと自分がどう暮らしたいかが大事だと思います。

 

ABOUT US

佐藤和容専務取締役
大きく移り変わる日本人のライフスタイルの中で住環境も例に漏れず変化してきました。目を引く奇抜な外観の家や様々な材質。こと住まいに関しては多種多様というのが現状です。しかし、日本の気候風土、日本人の感性を考えた場合日本人に合うのは住むほどに落ち着きとゆとりを感じさせる木造住宅なのではないでしょうか。派手さもなく、目新しさもなく、あくまで簡素でその空間に自然に溶け込める何気ない安らぎを感じることができるのが本当の家と考えています。気仙沼工務店はこれからも伝統を受け継ぎながら現代のセンスも取り入れたくつろぎと安らぎを覚える家を追求していきたいと思っています。