住まいのことなら何でもご相談ください。

建物本体価格だけでは住めません!

建物の広告等に記載されている 建物本体価格

大体、価格→外観→間取りと 読み進めたりすると思いますが

これは 便宜上使われている表記で、この金額では住む事が出来ません。

 

注文住宅は注文を受けたから全てが始まります。

敷地の条件や施主様の要望によって異なるので、

一律いくらと提示して後から話が違うと怒られても嫌ですし、

価格を聞かれて答えない訳にもいかないし・・・

で、便宜上提示するのが建物本体価格だったりします。

 

ザックリ
架空の土地に建物を置いたときの建物価格が 建物本体価格
 です。

 

実際は、

建築前、敷地の状況によって

既存の建物あれば解体工事

段差等があって整地が必要なら造成工事

地盤調査の結果が悪ければ地盤補強工事

 

又、建物本体価格の前提として、問い合わせを得たいので安く提示する為

電気コンセント、照明器具は 1台/室 程度の最低限の算定

設備や内装も標準 中間~チョイ下の価格帯

エアコン、カーテンも別途の場合が殆どです。

なので、打ち合わせ中に仕様、設備のレベルを上げれば

建物本体価格から想定していた金額より高くなります。

 

建物本体価格には建物までのライフライン(水、電気、ガス、通信)は繋がってません

水道加入金及び接続、電気、通信外線引込、ガス接続、等

その他カーポート、門の外構工事が「付帯工事」として別途掛かる事もあります。

更に、建てる為の手続き 設計料、確認申請手数料、火災保険料や登記費用や住宅ローン費用等の諸費用も別途必要になります。

 

一般的に、建物本体価格に付帯工事等に300万位掛かりますよとお答えしてます。

他社で見積を貰う時は、建物本体価格ではなく、総額をの見積を出してもらいましょう。

専務
ただ、無料の見積でも経費は掛かっているので、

そのうち建てようかなとか、

生半可でやり取りするとお互い損をするので誠意を持ってお願いしましょう。

当社では、打ち合わせの段階で希望とご予算をお聞きして、

未定の所はこちらで設定し、概算での建物本体価格を提示し+300万位(最大限努力しますが)付帯工事等に必要になりますと説明して確認後
(ここまでお金は頂きません)

何度も打ち合わせを繰り返し建物の総額を提示します。

 

 

 

ABOUT US

佐藤和容
専務取締役
大きく移り変わる日本人のライフスタイルの中で住環境も例に漏れず変化してきました。目を引く奇抜な外観の家や様々な材質。こと住まいに関しては多種多様というのが現状です。しかし、日本の気候風土、日本人の感性を考えた場合日本人に合うのは住むほどに落ち着きとゆとりを感じさせる木造住宅なのではないでしょうか。派手さもなく、目新しさもなく、あくまで簡素でその空間に自然に溶け込める何気ない安らぎを感じることができるのが本当の家と考えています。気仙沼工務店はこれからも伝統を受け継ぎながら現代のセンスも取り入れたくつろぎと安らぎを覚える家を追求していきたいと思っています。