住まいのことなら何でもご相談ください。

大手ハウスメーカーと工務店の違いについてご紹介します!

「大手ハウスメーカーと工務店の違いについて詳しく知りたい。」
「どのような観点から選んだら良いのかよくわからない。」

このようにお考えの方も多いと思います。
長く住む住宅についてのことですから、信頼できて自分にあったところに依頼したいですよね。
今回は大手ハウスメーカーと工務店の違いについて解説します。

□大手ハウスメーカーと工務店の違いについて

ハウスメーカーと工務店はよく同じものとして考えられていることが多いですが、実は少し違います。
それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

ハウスメーカーは、独自のブランドを全国規模で展開しているような大きな会社のことを言います。
全国に支社や支店があることが多いので、対応できるエリアが広いという特徴があります。
また、安定した経営基盤でアフターフォローなどがしっかりしていることも多いため、安心して任せられるのもハウスメーカーの強みと言えるでしょう。

一方で、工務店はハウスメーカーとは対照的に工事全体に責任をもち、家を建てる工程全てに関与する業者のことを言います。
工務店は、特定の地域に根付いて経営していることが多いです。
そのため、その地域について詳しく教えてもらったり、独自の技術を売りにしていたりということがあります。

□工務店にマイホームを依頼するメリットについて

上記で、ハウスメーカーと工務店の違いについて解説しました。
当社は工務店ですので、今回は工務店に依頼するメリットについて解説します。

*コスパに優れている

工務店はハウスメーカーと比較すると規模が小さいため、管理コストを小さく抑えられるという特徴があります。
工期もそれほど両者に大きな違いはないため、仮住まいに別途で費用がかかるということも少ないです。
そのため、建設費と仮住まいにかかる費用をどちらも抑えられるので、コスパに優れていると言えるでしょう。

*施工の自由度が高い

工務店は施工上の制約が少ないので、比較的自由度が高いという特徴があります。
例えば、使用する建材や設備、デザインについては大手ハウスメーカーにはなかったり、選べなかったりするものが自由に考えられることが多いです。

□まとめ

今回は、大手ハウスメーカーと工務店の違いについて解説しましたが理解していただけましたか。
どちらもメリットとデメリットがあるので、今回の記事をきっかけに知っていただけたらと思います。
当社は気仙沼を中心に実績のある工務店なので、興味を持っていただけたら気軽にご相談ください。

ABOUT US

佐藤和容専務取締役
大きく移り変わる日本人のライフスタイルの中で住環境も例に漏れず変化してきました。目を引く奇抜な外観の家や様々な材質。こと住まいに関しては多種多様というのが現状です。しかし、日本の気候風土、日本人の感性を考えた場合日本人に合うのは住むほどに落ち着きとゆとりを感じさせる木造住宅なのではないでしょうか。派手さもなく、目新しさもなく、あくまで簡素でその空間に自然に溶け込める何気ない安らぎを感じることができるのが本当の家と考えています。気仙沼工務店はこれからも伝統を受け継ぎながら現代のセンスも取り入れたくつろぎと安らぎを覚える家を追求していきたいと思っています。