住まいのことなら何でもご相談ください。

日当たりの悪い家は後悔します!その理由について解説!

「日当たりの悪い家は後悔するのだろうか」
「日当たりが悪くならないポイントについて知りたい」
このようにお考えの方は多いと思います。

快適な暮らしを実現するうえで、日当たりは非常に重要です。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてください。

□日当たりが悪いと後悔する理由について

皆さんは、日当たりの悪い家に住むと後悔する理由についてご存じですか。
実際に住んでみなければ、なかなかイメージできませんよね。
そこでまずは、後悔する理由について解説します。
ぜひチェックしてみてください。

1つ目は、家の中に日光が届かないからです。
照明でまかなえば大丈夫とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、太陽光を長時間浴びずにいると、うつ病などご家族の精神に影響します。

2つ目は、洗濯物が乾かないからです。
雨の日は特にじめじめしてしまいます。
部屋干し臭くなりますし、湿気を求めて虫が寄り付きやすくなります。
また、カビも発生しやすくなるため気をつけましょう。

3つ目は、虫の発生リスクが高まるからです。
虫は水辺に集まりますが、日当たりが悪いと水分が乾きませんよね。

以上が、後悔する理由についてでした。

□日当たりが悪くならない家づくりについて

ここまでは、日当たりの悪い家に住むと後悔する理由について解説しました。
日当たりの良い家に住みたいと強く感じたのではないでしょうか。
しかし、どうすれば日当たりがより良い家になるのか、イメージが湧かない方もいらっしゃるでしょう。
そこで続いては、日当たりの良い家にするためのポイントについて解説します。

1つ目は、現状の日当たりを意識することです。
現在使用しているリビングやダイニングの日当たりは良いのか悪いのかについて、意識することから始めましょう。

2つ目は、日当たりは窓の方位と位置、そして大きさで決まるということです。
南向きの窓があると日当たりが良くなりますよね。
窓の大きさも、そのまま光を取り込む量に比例します。

3つ目は、周辺環境に注意することです。
周囲に高い建物があると、どれだけ窓を設置しても意味がなくなってしまいます。
しかし、間取りをしっかりと考えることで対応は可能ですので、まずは周辺環境を把握することから始めましょう。

以上が、日当たりが悪くならない家づくりのポイントについてでした。

□まとめ

今回は、日当たりの悪い家に住むとどのような後悔が生まれるのかについて解説しました。
また、日当たりの良い家にするためのポイントについてもご紹介しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、日当たりの良い家を建ててくださいね。
ご不明な点がありましたら、お気軽に当社までご相談ください。

ABOUT US

佐藤和容専務取締役
大きく移り変わる日本人のライフスタイルの中で住環境も例に漏れず変化してきました。目を引く奇抜な外観の家や様々な材質。こと住まいに関しては多種多様というのが現状です。しかし、日本の気候風土、日本人の感性を考えた場合日本人に合うのは住むほどに落ち着きとゆとりを感じさせる木造住宅なのではないでしょうか。派手さもなく、目新しさもなく、あくまで簡素でその空間に自然に溶け込める何気ない安らぎを感じることができるのが本当の家と考えています。気仙沼工務店はこれからも伝統を受け継ぎながら現代のセンスも取り入れたくつろぎと安らぎを覚える家を追求していきたいと思っています。