住まいのことなら何でもご相談ください。

気仙沼工務店の家噺 5月号

先日の地震でガソリンスタンドの雨樋が破損
縦樋がここ一ヶ所だけで
滝の様な雨漏でした
特殊な製品で交換が出来ず
屋根の上からは、狭すぎて手が入らず
6m程の高所で、火花も出せない悪条件
でしたが
足場を組んで、
鉄板とFRP樹脂で処理しました。

4.9

学習塾のアポスペースをリフォーム
施工前は殺風景でしたが
宮城県産材を使って
外からオシャレに見える様にしました

4.10

ABOUT US

佐藤和容専務取締役
大きく移り変わる日本人のライフスタイルの中で住環境も例に漏れず変化してきました。目を引く奇抜な外観の家や様々な材質。こと住まいに関しては多種多様というのが現状です。しかし、日本の気候風土、日本人の感性を考えた場合日本人に合うのは住むほどに落ち着きとゆとりを感じさせる木造住宅なのではないでしょうか。派手さもなく、目新しさもなく、あくまで簡素でその空間に自然に溶け込める何気ない安らぎを感じることができるのが本当の家と考えています。気仙沼工務店はこれからも伝統を受け継ぎながら現代のセンスも取り入れたくつろぎと安らぎを覚える家を追求していきたいと思っています。