住まいのことなら何でもご相談ください。

気仙沼工務店の家噺10月号

施工例
「武家の風格が醸す住まい」

武家の風格が醸す住まい


木造2階建て
敷地398.57㎡
延べ床188.29㎡

9.18

調湿機能がある気密シート
今までポリエチレンフィルムを使ってたけど此方に切り替えたいと思います

9.18

 

マンションのリフォーム工事
材料、解体材の搬入搬出に先立って養生しました。
最上階の端の部屋なので中々の長さになりました

9.19

建て替え工事での仏間の鴨居
解体した時の床の間の落とし掛けが
本物の黒柿材だったので
仏間の鴨居に再利用しました

9.24

ABOUT US

佐藤和容専務取締役
大きく移り変わる日本人のライフスタイルの中で住環境も例に漏れず変化してきました。目を引く奇抜な外観の家や様々な材質。こと住まいに関しては多種多様というのが現状です。しかし、日本の気候風土、日本人の感性を考えた場合日本人に合うのは住むほどに落ち着きとゆとりを感じさせる木造住宅なのではないでしょうか。派手さもなく、目新しさもなく、あくまで簡素でその空間に自然に溶け込める何気ない安らぎを感じることができるのが本当の家と考えています。気仙沼工務店はこれからも伝統を受け継ぎながら現代のセンスも取り入れたくつろぎと安らぎを覚える家を追求していきたいと思っています。